どうでもいいマンガ紹介所

今まで読んだ漫画を一言感想付きで紹介していきます


漫画紹介其の六十五 『王狼伝』 原作 武論尊 漫画 三浦 建太郎

王狼伝 (白泉社文庫)王狼伝 (白泉社文庫)
武論尊,三浦 建太郎

白泉社
売り上げランキング : 788224

Amazonで詳しく見る


この文庫本では
13世紀のモンゴルの時代へタイムスリップしてしまった
主人公の行く末を描いた『王狼』と
その続編である『王狼伝』が収録されています

13世紀のモンゴルというとジンギス・カンが
活躍していた時代ですが、
この漫画ではジンギス・カン=源義経という
あの義経伝説を題材にしていて
物語にスッと入っていけるかな

今のベルセルク程ではありませんが
相当描き込まれています
鎧などに対する執着は当時から凄いものがあります

何にせよ改めてこの義経伝説を考えると
モンゴルの人たちは怒り狂いそうな仮説ですよね

漫画紹介其の五十八 『ジャパン』 原作 武論尊 漫画 三浦 建太郎

ジャパン (白泉社文庫)ジャパン (白泉社文庫)
武論尊,三浦 建太郎

白泉社
売り上げランキング : 562473

Amazonで詳しく見る

主人公であるヤクザが
一目惚れしたアナウンサー+その他諸々と一緒に
未来の地球へと飛ばされてしまう
その未来の地球では日本は消滅しており
日本人は行く当てのない難民として生活していた

2011年現在の日本はちょっとアレだけど
この漫画が出た頃の日本はイケイケで
そんな日本に警鐘を鳴らした漫画です
・・・というのは少し大袈裟かな?
でも現在の状況を考えると
当たらずとも遠からず・・・という感じですね

原作者の「武論尊」と聞いて
真っ先に思い浮かぶのは「北斗の拳」ですが
この漫画も上に書いたことから連想出来るように
北斗の拳に通じるものがあるようと思います

画を描いている「三浦建太郎」と言えば
「ベルセルク」の作者で有名ですね
当然ベルセルクより昔の作品になるわけですが
三浦氏らしい描きこみの量と迫力のある構図は
この当時から既に窺い知ることが出来ます

三浦健太郎の漫画はベルセルクしか
読んだ事が無いという方は是非一読あれ

検索フォーム
作者名一覧
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -