どうでもいいマンガ紹介所

今まで読んだ漫画を一言感想付きで紹介していきます


漫画紹介其の十六 『ピコピコ少年』 押切 蓮介

ピコピコ少年ピコピコ少年
押切 蓮介

太田出版

Amazonで詳しく見る


内容紹介
あの頃ゲームがなければ、死んでいたかもしれない。
ーー今だから語れる、自伝的ゲーム青春グラフィティ!

●ファミコン中毒のきっかけとなった少女との淡い出会い「初恋少年」/●ユートピアだったあの駄菓子屋は今?「駄菓子屋少年」/●FFV発売を待つ列の先頭での恐怖の一夜「行列少年」/●俺のBrand New Heartはどこに?「センチメンタルハート少年」/●雨の日に最高に贅沢にプレイする方法「秘密の城少年」
……みんな実話です!!

「この作品は、僕が学業を犠牲にして得た結晶です」(押切蓮介)
(以上Amazonの紹介文から)




ある一定の年齢でゲームにはまった世代には
読んでてたまらない懐かしさがあります
あの日あの時の光景がよみがえってきます

子供の頃
近所に普通に4軒ものゲーム専門店があったあの時代・・・
今はゲームのみを扱ってる店なんてあるんでしょうか?

ゲームは1日30分・・・
当時特にルールの無かった友達をうらやましく思ったものです


30±5歳位の年代の人には特に価値の見出せる漫画です
ゲームに明け暮れる青春もまた良いのかな・・・


他に紹介した押切蓮介の漫画リストはこちら

漫画紹介其の一 『プピポー!』 押切 蓮介

プピポー!1 (Flex Comix)プピポー!1 (Flex Comix)
押切 蓮介

ソフトバンククリエイティブ

Amazonで詳しく見る


内容紹介
奇才・押切蓮介がWEBで連載中の超話題作、ついに単行本化!
生まれつき”人には見えないモノ”が見えてしまう体質の主人公「姫路若葉」は小学5年生。その体質のせいで周囲と馴染めない日々が続いていたが、「プピポー!」と叫ぶ謎のピンクの生物を拾った日から、彼女の日常は変化していき……!?
「ポーちゃん」と名付けられたこの生物は、時に若葉の背中を押し、時に不思議な世界を若葉に見せる。若葉はそんなポーちゃんとのふれあいで、少しずつ変わっていくのだった……。
押切蓮介ワールドにハートフルさが加わった、新境地のハートフルホラーコメディです!
(以上Amazonの紹介文から)




記念すべき1発目の更新は俺の好きな漫画家からの紹介です
押切蓮介といえば代表作は「でろでろ」だろうけど
今回は敢えて『プピポー!』を紹介したいと思います

1巻の最初の方を読んでみると一見
でろでろの様なホラーギャグかな?と思ってしまうが
なにやら重い展開に・・・
でもその展開も1巻で片がつき新たな展開に・・・

この漫画はホラーギャグと見せかけた
主人公の姫路若葉の心の成長を描いた漫画です
3巻の作者コメントにもあるように
人は成長するんです

全3巻とお手頃ですし
優しい気持ちになりたい人にお薦めです

表紙のイメージで判断しちゃいけませんよ

プピポー! 2 (Flex Comix)
プピポー! 2 (Flex Comix)

プピポー! 3 (Flex Comix)
プピポー! 3 (Flex Comix)



他に紹介した押切蓮介の漫画リストはこちら

検索フォーム
作者名一覧
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -