どうでもいいマンガ紹介所

今まで読んだ漫画を一言感想付きで紹介していきます


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[タグ未指定]

漫画紹介其の101 『おどろ町モノノケ録』 押切 蓮介

おどろ町モノノケ録 (電撃ジャパンコミックス)おどろ町モノノケ録 (電撃ジャパンコミックス)
押切 蓮介

アスキー・メディアワークス

Amazonで詳しく見る


押切蓮介が贈る抱腹絶倒のホラーギャグ!

「なかよし共存計画」という和約によって、人間とオバケが一緒に暮らす「おどろ町」。
この町に住む、ヘタレで食い意地のはった小学生・貝は、
愉快なオバケたちにからまれ、気の強い女たちにこづかれる毎日……。
人間の常識が通じない「おどろ町」では、
奇想天外な事件が続々巻き起こる!?
 (以上Amazonの紹介文から)



ホラーギャグと紹介文では書いてあるが
1巻ではホラー的要素はあまり感じられません
オバケがでてくるギャグ漫画という感じです
全2巻なんですが
「1巻では」と書いたのは言葉の通りで
2巻になるとちょっと話が大きく動いて
ホラーギャグと呼ぶにふさわしくなるような…

なんにせよオバケの絡んだ
作者のギャグ漫画は久々だったので面白かったです



スポンサーサイト
[ 2014/05/14 ] 『あ』行の漫画 | TB(0) | CM(0)
[作者] 押切蓮介

漫画紹介其の九十 『青空のはてのはて』 真鍋 昌平

青空のはてのはて 真鍋昌平作品集 (KCデラックス)青空のはてのはて 真鍋昌平作品集 (KCデラックス)
真鍋 昌平

講談社

Amazonで詳しく見る


『闇金ウシジマくん』の著者、待望の初作品集!
妄想癖のサラリーマンが遭遇する事件を描いた表題作をはじめ、
ヤングマガジンにて集中連載された『暴力(バイオレンス)ポコペン』、
アフタヌーン四季賞入賞作群(雑誌未掲載作含む)、
そのほか文芸誌、同人誌など
さまざまな媒体で発表された十四編を集成。
著者による全作品コメントも収録。
シリアスからギャグまで、
希代の作家の真髄を味わえる圧倒的な一冊!

収録作品:憂鬱滑り台/ブログ/かわりめ/呪縛霊/最後の居場所/これから来る未来/気弱な審判/暴力(バイオレンス)ポコペン/Y談/超人ドビューン/NO LIFE NO MUSIC/星に願いを/ハトくん/青空のはてのはて
 (以上Amazonの紹介文から)



作者の漫画と言えばやはり「闇金ウシジマくん」が思い浮かぶから
そのイメージとはかけ離れたギャグ漫画やシュールな漫画など読むと
漫画家って1発当てるまで大変なんだな、と感じました

興味深かったのは、作者によるあとがきの作品解説ですかね

もし、「超人ドビューン」でデビューしていたら
今頃はギャグ漫画家として活躍していたかもしれないし
ウシジマくん自体、存在しなかったかもしれない

・・・というような事をあとがき読みながら思いました


[ 2012/02/16 ] 『あ』行の漫画 | TB(0) | CM(0)
[作者] 真鍋昌平

漫画紹介其の八十一 『アニキ』 たくまる 圭

アニキ 1 (ビッグコミックス)アニキ 1 (ビッグコミックス)
たくまる 圭

小学館

Amazonで詳しく見る


両親に捨てられた「ゆず」と
「アニキ」こと篠原厚貴が経営する
篠原工務店での生活を描いた漫画です

基本的に1話完結で話が進むので読みやすい

ただ泣かせるだけの展開ではなくて
なにかこう家族愛の様なものを
感じ取れていいですね

以前この作者の別の漫画の
「吉浦大漁節」を紹介しましたが
こちらも是非読んで頂きたい漫画です

アニキ 2 (ビッグコミックス)

[ 2011/11/03 ] 『あ』行の漫画 | TB(0) | CM(0)
[作者] たくまる圭

漫画紹介其の七十九 『うたたね姫』 宮田 紘次

うたたね姫 (ビームコミックス)うたたね姫 (ビームコミックス)
宮田 紘次

エンターブレイン

Amazonで詳しく見る


強がるくせに泣き虫。
澄ましてるけど純粋。
それ全部、女の子の魅力でしょ?

車内、教室、読書中、
いつでもどこでもウトウトしてしまう女の子の、
不思議な夢体験を描いた表題作[うたたね姫]。
お腹に蛇を飼っている女子高生の初恋物語[蛇腹]。
不良娘とマジメ女子の友情ドラマ
[ラストダンスは踊り場で]

――魅力的な女の子の漫画を集めた、
宮田紘次のガールズ作品集。
 (以上Amazonの紹介文から)



以前このブログでも紹介した
「ききみみ図鑑」「ヨメがコレなもんで」の作者の単行本

タイトルの「うたたね姫」以外にも
複数のタイトルが収録されている短編集です

私はなかでも最初に載っている
「ラストダンスは踊り場で」が一番面白かったかな
この話はSFなどの要素が無く
学校の文化祭を舞台にしているので
その辺の感慨もあるせいかな、と思ったり・・・
ほのぼのとしたラストでこれが読めただけでも
買ってよかったなと思いました

[ 2011/10/20 ] 『あ』行の漫画 | TB(0) | CM(0)
[作者] 宮田紘次

漫画紹介其の六十六 『あしたのジョー』 原作 高森 朝雄 漫画 ちば てつや

あしたのジョー (1) (ちばてつや全集)あしたのジョー (1) (ちばてつや全集)
高森 朝雄,ちば てつや

ホーム社

Amazonで詳しく見る


「無法無頼の一匹狼」をうそぶくケンカ自慢の矢吹丈。
流れ旅の末に辿り着いたドヤ街で
元ボクサー・丹下段平と出会い、
徐々にボクシングの面白さの虜となっていく。
ジョーの戦いの人生、ここに始まる!
 (以上Amazonの紹介文から)



ボクシング漫画の不朽の名作
ボクシングを題材にした漫画は数あれど
ボクシング漫画の原点にして頂点と言っても
過言では無いと言えると思います

印象に残るシーンは沢山有るけど
やはりプロでの力石との試合かな
力石の減量から試合の流れまで
もしリアルタイムで読んでいたら
どれだけワクワクしただろうか

ボクシング以外で気になったシーンは
紀ちゃんとうどん野郎の結婚式のシーンですね
幸せな結婚式の筈なのに紀ちゃんのあの表情・・・
ジョーに対する憐れみなのか
ジョーの人生を理解できない自分に対してなのか
あのシーンはぞっとするものがありますね

最後にジョーは死んだか?、死んでないか?について

私は「最後の試合でジョーはリング上で死ぬ」
という終わり方だという予備知識を持って
全巻読破したわけですが、

「えっ?これでジョーは死んだ事になってるの?」

というのが初めて読んだ時の正直な感想でした
確かにジョーは紀ちゃんとの会話で
まぶしいほどまっ赤に燃えあがり、まっ白な灰だけが残る…
というような話をしていましたが・・・

ジョーはボクサーとして
まっ白に燃え尽きただけで死んではいないんじゃないか・・・?
明確にジョーは死んだという描写はありませんし・・・

というわけで私の中ではジョーはあの後も生きています

私が読んだのはちばてつや全集の
あしたのジョーですが
調べるといろんなバージョンで出てるので
お手ごろなものを探して
漫画が好きなら1度は読んでもらいたい・・・

いや、読むべき漫画だと思います

検索フォーム
作者名一覧
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。