どうでもいいマンガ紹介所

今まで読んだ漫画を一言感想付きで紹介していきます


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[タグ未指定]

漫画紹介其の104 『すみっこプリマ U-15』 三ツ沢 大介

すみっこプリマ U-15 1 (リュウコミックス)すみっこプリマ U-15 1 (リュウコミックス)
三ツ沢 大介

徳間書店

Amazonで詳しく見る


プリマドンナを目指してバレエの練習に励んでいた
中学生のカミシモ・ボタンは、
クラスメイトの誤解からイジメにあい転校を余儀なくされる。
転校先の泉中学・女子フットサル部の部員で
筋肉フェチのタンゴ・ヒメコは、
ボタンの均整の取れた身体に一目ぼれ。
自分のクラブへと誘う。
傷心のボタンの前に新しい世界が拓ける!!
マッシヴJCの爽やかフットサルストーリー開幕。
 (以上Amazonの紹介文から)



本誌を読んだとき割にこういう感じの絵柄は好きなんで
コミックスも買いました
本誌を読んでいる以上、追加要素があればいいな、位に思っていたけど
人物紹介のページや他にもあって良かったっす
カバー取ったところにもオマケ絵があったのは嬉しいところですな

内容は私がごちゃごちゃ書くよりもリュウの公式に1話と動画で紹介あるので
それを見た方がわかりやすいかな?
(けして面倒だからではないよ)

というわけで公式へのリンクを貼るんでそこを見てください

コミックリュウのすみっこプリマ紹介ページ





スポンサーサイト

漫画紹介其の九十九 『空が灰色だから』 阿部共実


空が灰色だから 1 (少年チャンピオン・コミックス)空が灰色だから 1 (少年チャンピオン・コミックス)
阿部 共実

秋田書店

Amazonで詳しく見る


10代女子を中心に、様々な人間のうまくいかない日常を描くオムニバス短編集。
説明不能の“心がざわつく”思春期コミック誕生。
 (以上Amazonの紹介文から)



ちょっと歪んだ思春期の1話完結の漫画
若干コメディ寄りではあるのかな

といっても話の8割ほどはなんとなくアレな感じで
たまになんかいい感じのほのぼのする感じの話があったりする

読んでいて、ああ、そういう事あるある、という感じには
必ずしもならないが、なんだか心がちょっとチクチクします

小学生の時に読んでいたら
心に傷を負ってしまっていたかもしれないと思わせてくれる漫画でした


漫画紹介其の九十七 『ストライプブルー』 原作 森高 夕次 作画 松島幸太朗

ストライプブルー 1 (少年チャンピオン・コミックス)ストライプブルー 1 (少年チャンピオン・コミックス)
森高 夕次,松島 幸太朗

秋田書店

Amazonで詳しく見る


野球漫画「ショーバン」の主人公の弟が主人公の野球漫画

途中から「主人公ってこっちじゃないの?」と思う位
キャラの心理描写の比重が変わりますが・・・

個人的には「ショーバン」より「ストライプブルー」の方が面白かったです

漫画紹介其の八十三 『セントールの悩み』 村山 慶

セントールの悩み 1(リュウコミックス)セントールの悩み 1(リュウコミックス)
村山 慶

徳間書店

Amazonで詳しく見る


【姫】こと君原姫乃はケンタウロスの形態をした女子高生。
竜人の獄楽希、角人の名楽羌子、翼人の御魂真奈見…
それぞれの形態をしたクラスメイトたちと
一緒にごく普通の高校生活を送っている…。
第8回龍神賞出身の大型新人がお届けする話題作。
新時代のヒロインはケンタウロス♪
 (以上Amazonの紹介文から)



ケンタウロス女子高生の日常を描いた漫画

ケンタウロスである人馬の他にも
竜人、角人、翼人、長耳人、蛇人など
多種多様な種族がでてきますが
今のところ純粋な人間はでてきていません

色々な種族がでてきますが舞台はどうやら日本のようです

こういう非人間が主人公の学園漫画は
あまり呼んだ記憶がないので面白かったです

2011年12月現在、掲載雑誌がリニューアル中のため
連載が中断しています
しかし、雑誌の公式ホームページの新刊ちょい読みで
第1話というか第0話を読むことができるので
気になった方は配信してるうちに読んでみてください

雑誌公式ホームページ
comicリュウweb

「セントールの悩み」の無料配信はこのページのちょい読みからどうぞ
「セントールの悩み」のちょい読み

しかし、無料配信ページはなんちゅうとこで終わってんだ・・・

[ 2011/12/01 ] 『さ』『ざ』行の漫画 | TB(0) | CM(0)
[作者] 村山慶

漫画紹介其の八十 『サユリ』 押切 蓮介

サユリ 1 (バーズコミックス)サユリ 1 (バーズコミックス)
押切 蓮介

幻冬舎コミックス

Amazonで詳しく見る


主人公一家が念願のマイホームを手に入れたが
その家にとり憑いている怨念によって災難に遭うホラー漫画

このブログでも押切蓮介の漫画をいくつか紹介してきましたが
この漫画は現代版の和製ホラーとでもいえばいいでしょうか

ジェイソンの様なスプラッター的な怖さではなくて
突然の怨念による不条理な攻撃による恐怖がじわじわきます
ある意味「ミスミソウ」とは対極にあるホラー漫画だと思います

全2巻と短いので押切蓮介入門漫画としてもいいかも・・・

ちなみに2巻ではある人物が大活躍しますが
冷静に見てみるとあの行動力は
怨念なんかよりよっぽど恐ろしいです

サユリ 2 (バーズコミックス)

検索フォーム
作者名一覧
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。