どうでもいいマンガ紹介所

今まで読んだ漫画を一言感想付きで紹介していきます


漫画紹介其の九十六 『妄想戦記 ロボット残党兵』 横尾 公敏

ロボット残党兵 (1) (リュウコミックス)ロボット残党兵 (1) (リュウコミックス)
横尾 公敏

徳間書店

Amazonで詳しく見る


COMICリュウの新人賞受賞作家。
安彦良和氏に絶賛された異才。
架空の第二次世界大戦を舞台に、
日本軍が開発した人型兵器=サイボーグを主人公に、
さまざまな陰謀があぶりだされていく。
タイトルは、前谷惟光の往年のギャグまんが
「ロボット三等兵」のもじりである。
シリアスな展開をかねた
ブラックユーモアとも読める味のある逸品だ。
 (以上Amazonの紹介文から)



「ロボット残党兵」というタイトルだけ見ると不安になるが
中身はしっかりしたSF漫画です

ただ主要登場人物がロボットである為に
見分けるのが慣れるまでちょっと困難だったりします

絵柄に結構癖がありますが
「銃夢」の様にサイボーグがでてくる漫画が
好きな人には面白く感じると思います


[ 2012/05/10 ] 『ま』行の漫画 | TB(0) | CM(0)
[作者] 横尾公敏

漫画紹介其の七十八 『無敵看板娘N(ナパーム)』 佐渡川 準

無敵看板娘N 1 (少年チャンピオン・コミックス)無敵看板娘N 1 (少年チャンピオン・コミックス)
佐渡川 準

秋田書店

Amazonで詳しく見る


鬼丸飯店新装開店!!
鬼丸飯店の看板娘・美輝が
元気いっぱい大暴れ!! 
新しい仲間も加わって、
花見町はますますお祭りさわぎだ!!
 (以上Amazonの紹介文から)



「無敵看板娘」の最後で一部のキャラが去っていった代わりに
新たにスーパー「テッコツ堂」の面々を
迎えてのコメディ漫画です

タイトルにN(ナパーム)が付きましたが
作品のノリは無印の時と変わりません

強いて言うならばNで加入した
テッコツ堂との絡みが多いということでしょうか

無印と比べると全5巻と短いですが
無印、Nと合わせて
是非お薦めしたい漫画です

[ 2011/10/14 ] 『ま』行の漫画 | TB(0) | CM(0)
[作者] 佐渡川準

漫画紹介其の七十七 『無敵看板娘』 佐渡川 準

無敵看板娘 1 (少年チャンピオン・コミックス)無敵看板娘 1 (少年チャンピオン・コミックス)
佐渡川 準

秋田書店

Amazonで詳しく見る


何の因果か
家業の中華料理屋を
手伝うことになった美輝が大暴れ!! 
強くてカワイイ♪ 
娘・強腕コメディー!!
 (以上Amazonの紹介文から)



花見町商店街を舞台にして
中華料理屋の看板娘である鬼丸美輝と
その周囲の人々が色々な騒動を巻き起こす
コメディー漫画です

基本的に1話完結なので
何処から読んでも楽しめます
 (キャラの兼ね合いはもちろんありますが)

個人的にポイント高いのは
ギャグ漫画でありながら
シモネタを使わずに面白いところです

あと単行本ならではのオマケも豊富で
そういう所に作者のサービス精神を感じます

[ 2011/10/06 ] 『ま』行の漫画 | TB(0) | CM(0)
[作者] 佐渡川準

漫画紹介其の六十一 『マリさん』 矢寺圭太

マリさん (モーニングKC)マリさん (モーニングKC)
矢寺 圭太

講談社

Amazonで詳しく見る


大学の映画研究会でシナリオを書いているカトーは、
センパイの彼女・マリさんに片想いする。
だが、彼女は自由気まま。
そんな彼女に対して、
恋心を抱いていたカトーは
なすすべなく翻弄(ほんろう)されてしまう。
 (以上Amazonの紹介文から)


もてない主人公はマリさんに片思いしている
しかしマリさんは誰に対しても優しい人で・・・

つまりマリさんという人物はその性格ゆえ
誰とでも関係を持ってしまう女性として描かれています

主人公はそのことを受け入れる事が出来ずに
苦悩するわけですが・・・・

でもその気持ちもわからなくもないです

他人に対してこうあって欲しい、
というイメージは誰でも思いますし
それが憧れの異性だったら尚更なのかな

男女関係というのは結局
最後に行き着くところはそこなんだろうけど
そういう事に対する苦悩が
上手く描かれていると思います

なんかこう書くとキツい話のように見えるけど
実際は絵柄のせいでそうでもありませんでした
 
ラストの展開は衝撃的でしたけど・・・
 (一体どっちなんだ・・・)

最後にやはり
「マリさん」というタイトルと
「モラトリアム地獄絵図」という
タイトルだった場合を比べると
やはり「マリさん」で正解だったと思います
タイトルってやっぱり重要なんだな

[ 2011/06/23 ] 『ま』行の漫画 | TB(0) | CM(0)
[作者] 矢寺圭太

漫画紹介其の五十二 『木造迷宮』 アサミ・マート

木造迷宮 (リュウコミックス)木造迷宮 (リュウコミックス)
アサミ・マート

徳間書店

Amazonで詳しく見る

世間の片隅で三文小説を書いて暮らしている
冴えない独身男の“ダンナさん”。
彼の家には、
可愛くて家事上手な女中の“ヤイさん”が
ひとつ屋根の下で暮らしている。
照れ屋で自分の気持ちを伝えるのが苦手なふたりの
「恋愛未満ほのぼの日常ストーリー」。
ヤイさんの“割烹着”姿も魅力♪
メイドブームの次は「女中さん&割烹着ブーム」?
アサミ・マート先生、初の単行本です!!
単行本用に30ページ以上の描き下ろし新作を収録。

著者について
アサミ・マート(アサミ・マート)
1971年生まれ。東京都出身。
ゲーム会社勤務を経て、2001年デビュー。
主に『コミックフラッパー』等を中心に活躍。
現在は、この『木造迷宮』を代表作とすべく奮闘中♪
 (以上Amazonの紹介文から)



どこかノスタルジックな雰囲気が漂う女中さん漫画
舞台設定は現代よりかなり前でしょうか?

軸となるのは冴えないおっさん小説家と
住み込みで働く女中さんの日常です

肝はこの冴えないおっさん小説家ですかね・・・
普段はホントに冴えないくせに
決める時は決めるから性質が悪い・・・
でも行動に打算が無いから
嫌味無く読めます

この漫画も広い意味で言えば
萌え漫画に分類されるだろけど
直接的なエロスに媚びてない萌え漫画だと感じます

読んでニヤニヤするにはなかなかの一品だと思います

木造迷宮2 (リュウコミックス)

木造迷宮 3(もくぞうめいきゅうスリー) (リュウコミックス)

木造迷宮 4 (リュウコミックス)

木造迷宮 5(リュウコミックス)


検索フォーム
作者名一覧
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -