どうでもいいマンガ紹介所

今まで読んだ漫画を一言感想付きで紹介していきます


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[タグ未指定]

漫画紹介其の十九 『G戦場ヘヴンズドア』 日本橋 ヨヲコ

G戦場ヘヴンズドア 1 (IKKI COMICS)G戦場ヘヴンズドア 1 (IKKI COMICS)
日本橋 ヨヲコ

小学館

Amazonで詳しく見る


父を嫌悪しながらも、意識せずにはいられない血のつながり。紙とペンが、堺田と鉄男の揺れる感情を剥き出しにする。友情と情熱と欲望と因縁の多感ストーリー!
(以上Amazonの紹介文から)




あまり見かけない漫画家という職業を題材にした漫画です
作者の漫画に対する思いが感じられます

登場人物が良くも悪くも癖のある人物が多いし
青臭い台詞も結構でてきます

しかしこれらの事が奇跡的に上手く融合して
青春熱血漫画として機能しています

全3巻とは思えない密度の濃さがそこにあります


作者が現在連載している漫画
「少女ファイト」にも堺田や鉄男が登場しているので
興味を持った方はそちらもチェックしてみてください


G戦場ヘヴンズドア 2 (IKKI COMICS)

 G戦場ヘヴンズドア 3 (IKKI COMICS)



スポンサーサイト

漫画紹介其の十八 『邪眼は月輪に飛ぶ』 藤田 和日郎

邪眼は月輪に飛ぶ (ビッグコミックス)邪眼は月輪に飛ぶ (ビッグコミックス)
藤田 和日郎

小学館

Amazonで詳しく見る


内容紹介
東京湾で座礁した米軍の空母から、一羽の鳥が逃げた。そのことで多くの兵士が死ぬ。
さらに東京の街中にやって来たその鳥は、空前の死者を出す。

その鳥とは、その眼で見られた者はすべて死んでしまうという一羽の恐ろしいフクロウだった。
かつて猟師仲間とともに、そのフクロウを一度は撃ち落とした鵜平は、米軍の要請を受けて、再び銃を取る――。
(以上Amazonの紹介文から)



「からくりサーカス」の連載終了後にスピリッツで
短期連載された作品です
単行本1冊分と短いながらも
「うしおととら」や「からくりサーカス」にひけを取りません
しかし内容は青年誌ならではの味付けがされていて
フクロウが単純に「悪」と言うわけでなく
フクロウはただ生きてるだけなのに人間に害を与えるから
駆除されるというように、単純な勧善懲悪ではないところがいいです

「うしおととら」や「からくりサーカス」にも
そういう要素はあっただろう、と言われればそうなんですが
1つのエピソードとしてみると
凄く作品としての完成度は高いと思います

読む人によっては邪眼の力で人が死ぬシーンは苦手だ、
という事はありそうですがそういう部分を差し引いても
読んで面白いと思った作品です



漫画紹介其の十七 『家族ランドマーク』 大澄 剛

家族ランドマーク (IKKI COMIX)家族ランドマーク (IKKI COMIX)
大澄 剛

小学館

Amazonで詳しく見る



ある一家の家族の絆を描いた漫画です

家族の絆といっても家庭崩壊からの再生とかの
そういった重い話ではなく
日常生活のなかから家族っていいな、という作品です

この漫画の特徴の一つに
感情が高ぶると髪の毛が伸びてしまう特殊体質の姉がいます
そんな体質故の彼女の苦悩や
そういう姉を持つ弟の反抗などが話ででてきます

個人的には母親が一家をまとめてるように見えつつも
いざという時には父親、という所がとても印象に残りました

なんだかんだ言って
家族ってやっぱりいいな、と思わせてくれる良作です


[ 2010/12/25 ] 『か』『が』行の漫画 | TB(0) | CM(0)
[作者] 大澄剛

漫画紹介其の十六 『ピコピコ少年』 押切 蓮介

ピコピコ少年ピコピコ少年
押切 蓮介

太田出版

Amazonで詳しく見る


内容紹介
あの頃ゲームがなければ、死んでいたかもしれない。
ーー今だから語れる、自伝的ゲーム青春グラフィティ!

●ファミコン中毒のきっかけとなった少女との淡い出会い「初恋少年」/●ユートピアだったあの駄菓子屋は今?「駄菓子屋少年」/●FFV発売を待つ列の先頭での恐怖の一夜「行列少年」/●俺のBrand New Heartはどこに?「センチメンタルハート少年」/●雨の日に最高に贅沢にプレイする方法「秘密の城少年」
……みんな実話です!!

「この作品は、僕が学業を犠牲にして得た結晶です」(押切蓮介)
(以上Amazonの紹介文から)




ある一定の年齢でゲームにはまった世代には
読んでてたまらない懐かしさがあります
あの日あの時の光景がよみがえってきます

子供の頃
近所に普通に4軒ものゲーム専門店があったあの時代・・・
今はゲームのみを扱ってる店なんてあるんでしょうか?

ゲームは1日30分・・・
当時特にルールの無かった友達をうらやましく思ったものです


30±5歳位の年代の人には特に価値の見出せる漫画です
ゲームに明け暮れる青春もまた良いのかな・・・


他に紹介した押切蓮介の漫画リストはこちら

漫画紹介其の十五 『駅恋』 原 秀則

駅恋 1 (ビッグコミックススペシャル)駅恋 1 (ビッグコミックススペシャル)
原 秀則

小学館

Amazonで詳しく見る


内容紹介
何気ない日常の中、人と人が出会い、そして別れる…そんな『駅』の恋愛模様を原秀則先生が描きます。第1集は「学芸大学駅」や「二子玉川駅」など東急線沿線が舞台。優しく癒されるヒーリング珠玉作です。
(以上Amazonの紹介文から)




『駅恋』という題名が示している通り
駅を舞台にした1話完結の恋愛漫画です

どのエピソードもドロドロした恋愛模様が展開される・・・
なんてことは一切無く 基本的にハッピーエンドで終わります

重たい恋愛物は嫌だという人にはお薦めできます

私は特に1話の幼馴染とカメラの話が良かったかな
でも幼馴染なんて現実には幻想かもね・・・


[ 2010/12/20 ] 『あ』行の漫画 | TB(0) | CM(0)
[作者] 原秀則

検索フォーム
作者名一覧
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。