どうでもいいマンガ紹介所

今まで読んだ漫画を一言感想付きで紹介していきます


漫画紹介其の四十八 『ききみみ図鑑』 宮田 紘次

ききみみ図鑑 (ビームコミックス)ききみみ図鑑 (ビームコミックス)
宮田 紘次

エンターブレイン

Amazonで詳しく見る


「音」を題材にした1話完結の短編漫画です

リンク先のAmazonのレビューにも書いてある様に
表紙と中身は必ずしも一致していません
 (表紙の女の子はあくまでサブキャラです)

とはいえ、内容自体はなかなか面白く
買って損した、という気分にはならないと思います

私がいいな、と思った話は
「ごきげんよう」の話ですかね・・・

何気に1話ごとの挿絵が味があって良かったです


漫画紹介其の四十七 『ヒャッコ』 カトウ ハルアキ

ヒャッコ 1巻 Flex Comixヒャッコ 1巻 Flex Comix
カトウ ハルアキ

ソフトバンククリエイティブ

Amazonで詳しく見る

内容紹介
「私立上園学園」で出会った4人の女の子、
虎子・龍姫・雀・歩巳。

出会ったその日から、器物破損、教師への暴行(?)と、
大騒動を巻き起こしてしまった彼女たち。
ゆかいでハチャメチャな学園生活が始まった!
 (以上Amazonの紹介文から)



最近流行の(?)女子高生による学園コメディです

ありがちといっちゃありがちなんですが
特に難しい事を考えずにさくさく読めるのでいいかな

この漫画は漫画紹介其の一で紹介した『プピポー』が
連載されてた時になんか他に面白い漫画はないかと
物色してた時に見つけました

この記事を書いてる現在も漫画は連載中ですが
最後の更新が2010年12月15日と
超不定期連載となっています

WEBコミックで無料ですので興味のある方はそうぞ
FlexComix ブラッド(『ヒャッコ』のページ)



ヒャッコ 2 (Flex Comix)

ヒャッコ 3 (Flex Comix)

ヒャッコ 4 (Flex Comix)

ヒャッコ 5 (Flex Comix)

ヒャッコ ⑥ (フレックスコミックス)


漫画紹介其の四十六 『Monster』 浦沢 直樹

Monster (1) (ビッグコミックス)Monster (1) (ビッグコミックス)
浦沢 直樹

小学館

Amazonで詳しく見る

デュッセルドルフ・アイスラー病院の
日本人医師・天馬賢三は、
人道的見地から少年ヨハンの命を救う。
それがすべての始まりだった…。
ヨハンの真の姿は? 天馬の運命は?
ヨハンをめぐる天馬の旅は続く。
 (以上Amazonの紹介文から)



浦沢直樹のサスペンス漫画
とにかく風呂敷の広げ方が素晴らしい
特に序盤はテンポ良く進み
ついつい話にのめり込んでしまうでしょう
まさにストーリー漫画の模範のような漫画です

・・・とここまでベタ褒めしといてなんですが
1つ残念と思った事も書いておきます

浦沢直樹氏のこの手のストーリー漫画は
 (20世紀少年やPLUTOなど・・・)
先に述べたように風呂敷を広げるのが上手い、

ということは作品の結末に対してのハードルが
もの凄く高くなるんですよね

だから正直
 「えっ?これで終わり?」
と思わない事もなかったです

ちょっとネガティブになってしまいましたが
この様に思ってしまうのは
作品が面白いからこそなんですよね
我が儘な感想で申し訳ないです


[ 2011/04/21 ] 『ま』行の漫画 | TB(0) | CM(0)
[作者] 浦沢直樹

漫画紹介其の四十五 『なるたる』 鬼頭 莫宏

なるたる(1) (アフタヌーンKC (186))なるたる(1) (アフタヌーンKC (186))
鬼頭 莫宏

講談社

Amazonで詳しく見る


出版社/著者からの内容紹介
今年小学校6年生の玉依(たまい)シイナが島で出会った、人の認識外のモノたち・乙姫、成竜、そしてホシ丸。シイナの日常が今、ゆっくりと、しかし確実に変わりだす。少年少女が織りなす、地球的スケールの物語が始まった!!
 (以上Amazonの紹介文から)



私にとってのトラウマ漫画です
内容以前に私がどういう状況で
この漫画を読んだか書きたいと思います

私がこの漫画を読んだのは漫画喫茶なんですが
あの時私は非常に疲れていました

 「癒し系の漫画読んで現実逃避したい・・・」

そう考えて数ある漫画の中から選んだのが
この『なるたる』です

既に『なるたる』の内容を知ってる方なら
なんて愚かな奴だ、と笑うでしょう
しかし誰が「なるたる」というタイトルの語感と
1巻の表紙からああいう内容を想像できるでしょう?

読み始めた当初は
ちょっと暗いけど異生物との交流を描いた漫画なんだな
と思ってましたけど巻数が進むにつれて
癒し系とは対極の方向に・・・
結局12巻全部読んだんですけど
読み終えた頃はげっそりしてしまいました

以上の経緯からこの漫画は
私の心に大きく爪痕を残す結果となりました

でもこの経験があったから
『ぼくらの』を読んだ時
 「ああやっぱりね」
と思う事ができたのかな

[ 2011/04/14 ] 『な』行の漫画 | TB(0) | CM(0)
[作者] 鬼頭莫宏

漫画紹介其の四十四 『SMUGGLER』 真鍋 昌平

SMUGGLER (アフタヌーンKC)SMUGGLER (アフタヌーンKC)
真鍋 昌平

講談社

Amazonで詳しく見る


出版社/著者からの内容紹介
借金の返済のために高利貸しから紹介されたバイトは、「運送屋」。運ぶのは死体や法律に触れるもの。役者志望のフリーター・砧涼介が踏み込んでしまった世界は、たった一度のミスすら命に係わる死と隣り合わせの世界だった。ところが涼介は、捕まえた暗殺者「背骨」を“運搬中”わずかばかり彼に心を許したせいで、彼を逃がしてしまった!
アフタヌーン’00年5月号から8月号まで連載された、話題の新人作品が早くも単行本化!!
 (以上Amazonの紹介文から)



『闇金ウシジマくん』で有名な真鍋昌平氏の
「スマグラー」という漫画を紹介します

ウシジマくんでは割りと身近な(?)闇金という
現実に存在している職業(?)を扱っていますが
この作品では裏社会御用達の運送屋という
実際この世に存在してるか
わからない職業(?)を題材にしています

その分、ウシジマくんは読んでてリアルにあるかもしれないと
漠然とした不安に駆られるが
この作品はウシジマくんと比べると漫画的だな、と思いました
 (言いたい事伝わってるかな?)

絵柄は初期のウシジマくんを荒くしたような感じ
うえの紹介文から推察できる様に当然暴力描写あります

ウシジマくんとはまた違った魅力のある漫画なので
ウシジマくんの描写が平気な人にはお薦めできます


検索フォーム
作者名一覧
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30