どうでもいいマンガ紹介所

今まで読んだ漫画を一言感想付きで紹介していきます


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[タグ未指定]

漫画紹介其の六十六 『あしたのジョー』 原作 高森 朝雄 漫画 ちば てつや

あしたのジョー (1) (ちばてつや全集)あしたのジョー (1) (ちばてつや全集)
高森 朝雄,ちば てつや

ホーム社

Amazonで詳しく見る


「無法無頼の一匹狼」をうそぶくケンカ自慢の矢吹丈。
流れ旅の末に辿り着いたドヤ街で
元ボクサー・丹下段平と出会い、
徐々にボクシングの面白さの虜となっていく。
ジョーの戦いの人生、ここに始まる!
 (以上Amazonの紹介文から)



ボクシング漫画の不朽の名作
ボクシングを題材にした漫画は数あれど
ボクシング漫画の原点にして頂点と言っても
過言では無いと言えると思います

印象に残るシーンは沢山有るけど
やはりプロでの力石との試合かな
力石の減量から試合の流れまで
もしリアルタイムで読んでいたら
どれだけワクワクしただろうか

ボクシング以外で気になったシーンは
紀ちゃんとうどん野郎の結婚式のシーンですね
幸せな結婚式の筈なのに紀ちゃんのあの表情・・・
ジョーに対する憐れみなのか
ジョーの人生を理解できない自分に対してなのか
あのシーンはぞっとするものがありますね

最後にジョーは死んだか?、死んでないか?について

私は「最後の試合でジョーはリング上で死ぬ」
という終わり方だという予備知識を持って
全巻読破したわけですが、

「えっ?これでジョーは死んだ事になってるの?」

というのが初めて読んだ時の正直な感想でした
確かにジョーは紀ちゃんとの会話で
まぶしいほどまっ赤に燃えあがり、まっ白な灰だけが残る…
というような話をしていましたが・・・

ジョーはボクサーとして
まっ白に燃え尽きただけで死んではいないんじゃないか・・・?
明確にジョーは死んだという描写はありませんし・・・

というわけで私の中ではジョーはあの後も生きています

私が読んだのはちばてつや全集の
あしたのジョーですが
調べるといろんなバージョンで出てるので
お手ごろなものを探して
漫画が好きなら1度は読んでもらいたい・・・

いや、読むべき漫画だと思います

スポンサーサイト
検索フォーム
作者名一覧
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。