どうでもいいマンガ紹介所

今まで読んだ漫画を一言感想付きで紹介していきます


漫画紹介其の七十二 『最強伝説黒沢』 福本 伸行

最強伝説黒沢 1 (ビッグコミックス)最強伝説黒沢 1 (ビッグコミックス)
福本 伸行

小学館

Amazonで詳しく見る


2002年6月。
サッカーのW杯をテレビで観戦し、
誰よりも大騒ぎしていた黒沢だが、
その心の底で気づいていた。
他人が何をしようとも、
自分自身の出来事による感動、喜びが、
己の人生に欠けていることを…。
ただ黙々と働き、家庭もなく、
友人もなく、目標もなく、
ただ漫然と生きてきただけだと
猛省する黒沢であったが…!?
 (以上Amazonの紹介文から)



冴えない中年男である主人公・黒沢が
様々な悩みやトラブルに巻き込まれ奮闘する物語

この漫画が面白いかどうかは
黒沢に感情移入出来るかどうかで
決まるといっていいでしょう

誰だって他人から好かれたい、理解されたい、
その為に策を講じても裏目に出てしまう黒沢44歳独身・・・


長い人生つまづく事だってあるだろう
そんな時この漫画の後ろ向きの名言が
心にグサリと突き刺さる・・・かもしれない

これを読んで黒沢に少しも共感できないというのなら
結構恵まれた人生を歩んでいるんじゃないかと思います

黒沢は自分を写す鏡なのかもしれません

漫画紹介其の七十一 『課長バカ一代』 野中 英次

課長バカ一代(1) (KCデラックス)課長バカ一代(1) (KCデラックス)
野中 英次

講談社

Amazonで詳しく見る


課長補佐代理心得である主人公八神の奮闘を描いた
劇画タッチのギャグ漫画です

いい年こいた大人が真面目にバカをやっているのが
凄く笑えます

個人的に好きな話は
寝ている八神の元に天使が現れる話です
最後の八神の台詞が
読者が抱くであろう感情と
非常にマッチしていて素晴らしいです


おそらくこの漫画よりも
「魁!!クロマティ高校」の方が認知されてるだろうけど
クロ高にも出てくる前田や林田、メカ沢の原型が
「課長バカ一代」なので気になる人は読んでみてください
クロ高を受け入れられる人なら
こっちの方が面白いかも・・・?

漫画紹介其の七十 『ヨメがコレなもんで。』 宮田紘次

ヨメがコレなもんで。 (ビームコミックス)ヨメがコレなもんで。 (ビームコミックス)
宮田 紘次

エンターブレイン

Amazonで詳しく見る


奥様は、エイリアン。
ごくごく平凡なサラリーマンの真壁ノブオ。
彼は誰にも言えない秘密を持っていた。
実は、愛する妻が宇宙人なのだ!
(1)毛先が触手になっている
(2)泣くと目からビームを出す
(3)普段は着ぐるみをかぶって人間のフリをしている……。
そんな宇宙人との生活はトラブルばかり。
だけどふたりは毎日ラブラブ。
だって、愛があれば種族の差なんて関係ないもん!
『ききみみ図鑑』が大好評の
宮田紘次がお送りする、
エロティック宇宙ラブコメ、
待望の単行本化!
全6話+描き下ろしオマケ漫画を収録。
 (以上Amazonの紹介文から)



愛するヨメは宇宙人というSFラブコメ漫画です

作者の「ききみみ図鑑」が面白かったので
なんとなく購入したんですがこちらも良かったです

出産、公園デビュー、嫁姑問題など
宇宙人であるが故のドタバタ振りが面白かったです

続きが読みたい、と思わせてくれる作品ですが
どうやらこの1冊で終わりのようです
残念・・・

[ 2011/08/11 ] 『や』行の漫画 | TB(0) | CM(0)
[作者] 宮田紘次

漫画紹介其の六十九 『どげせん』 RIN 板垣恵介

どげせん 1巻 (ニチブンコミックス)どげせん 1巻 (ニチブンコミックス)
(企画・全面協力)板垣恵介,(作画)RIN

日本文芸社

Amazonで詳しく見る


バカ漫画

それ以上でも
それ以下でもありません

真面目に解釈しようとすれば
する程馬鹿をみます

本来『土下座』という行為は
滅多な事ではお目にかかることはありません

その『土下座』をフューチャーしたというのは
面白いとは思うんですが・・・

土下座をすればなんでも解決してしまう
というのはちょっとね・・・

そのうちバキに出てきた土下寝とか
やりかねないぞ

なんにせよ板垣恵介の独自のセンスが
プンプン漂う漫画です

漫画紹介其の六十八 『殺し屋1(イチ)』 山本 英夫

殺し屋1(イチ) 1 (ヤングサンデーコミックス)殺し屋1(イチ) 1 (ヤングサンデーコミックス)
山本 英夫

小学館

Amazonで詳しく見る


キョーレツな痛みを発火点にさく烈する
イジメられっ子・イチの泣きの拳が
欲望都市・新宿で美しく輝く。
最終ハードコアバイオレンスの戦慄。
 (以上Amazonの紹介文から)



過去に読んできた漫画のなかでも
トップクラスの暴力描写を誇る漫画です
初めてこの漫画を読んだ時は
誇張抜きで気分が悪くなりました

いくらフィクションとわかっていても
ヤクザの世界ではもしかしたら
この漫画で描かれているような
拷問はあるかもしれない、
というリアリティを感じました

こちらに痛みが伝わってくるような
過激な暴力描写のせいで
胸を張って

「この漫画は面白いです」

とは言いづらいです

ある程度グロ耐性がないと
全巻読破するのは厳しいでしょう

検索フォーム
作者名一覧
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -