どうでもいいマンガ紹介所

今まで読んだ漫画を一言感想付きで紹介していきます


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
[タグ未指定]

漫画紹介其の九十 『青空のはてのはて』 真鍋 昌平

青空のはてのはて 真鍋昌平作品集 (KCデラックス)青空のはてのはて 真鍋昌平作品集 (KCデラックス)
真鍋 昌平

講談社

Amazonで詳しく見る


『闇金ウシジマくん』の著者、待望の初作品集!
妄想癖のサラリーマンが遭遇する事件を描いた表題作をはじめ、
ヤングマガジンにて集中連載された『暴力(バイオレンス)ポコペン』、
アフタヌーン四季賞入賞作群(雑誌未掲載作含む)、
そのほか文芸誌、同人誌など
さまざまな媒体で発表された十四編を集成。
著者による全作品コメントも収録。
シリアスからギャグまで、
希代の作家の真髄を味わえる圧倒的な一冊!

収録作品:憂鬱滑り台/ブログ/かわりめ/呪縛霊/最後の居場所/これから来る未来/気弱な審判/暴力(バイオレンス)ポコペン/Y談/超人ドビューン/NO LIFE NO MUSIC/星に願いを/ハトくん/青空のはてのはて
 (以上Amazonの紹介文から)



作者の漫画と言えばやはり「闇金ウシジマくん」が思い浮かぶから
そのイメージとはかけ離れたギャグ漫画やシュールな漫画など読むと
漫画家って1発当てるまで大変なんだな、と感じました

興味深かったのは、作者によるあとがきの作品解説ですかね

もし、「超人ドビューン」でデビューしていたら
今頃はギャグ漫画家として活躍していたかもしれないし
ウシジマくん自体、存在しなかったかもしれない

・・・というような事をあとがき読みながら思いました


スポンサーサイト
[ 2012/02/16 ] 『あ』行の漫画 | TB(0) | CM(0)
[作者] 真鍋昌平

漫画紹介其の八十九 『彼岸島』 松本 光司

彼岸島(1) (ヤングマガジンコミックス)彼岸島(1) (ヤングマガジンコミックス)
松本 光司

講談社

Amazonで詳しく見る

あんたの血の匂いがうまそうなんだよ

吸血鬼が棲む孤島、彼岸島(ひがんじま)??。
踏み入れたら最期、再び生きて還ることはない……。
艶(なま)めかしい美女がその地へと妖しく誘い寄せる。
そして……忌まわしき悪夢の幕が上がった??!!

吸血鬼サバイバルホラー
 (以上Amazonの紹介文から)



人間と吸血鬼の死闘を描いた漫画

・・・ですが、登場人物達の余りにも
いきあたりばったりな行動に
思わず苦笑してしまう場面も多数あります

RPGのお使いイベントを延々と
繰り返しているようなストーリーです

これは決してけなしているわけではなくて
これがこの漫画の「売り」だと私は思ってます

「ネタ漫画」としての側面を持っているホラー漫画です


検索フォーム
作者名一覧
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。