どうでもいいマンガ紹介所

今まで読んだ漫画を一言感想付きで紹介していきます


漫画紹介其の二十三 『アンダーカレント』 豊田 徹也

アンダーカレント  アフタヌーンKCDXアンダーカレント アフタヌーンKCDX
豊田 徹也

講談社

Amazonで詳しく見る


出版社 / 著者からの内容紹介
ほんとうはすべて知っていた。心の底流(undercurrent)が導く結末を。
夫が失踪し、家業の銭湯も手につかず、途方に暮れる女。やがて銭湯を再開した女を、目立たず語らずひっそりと支える男。穏やかな日々の底で悲劇と喜劇が交差し、出会って離れる人間の、充実感と喪失感が深く流れる。
映画一本よりなお深い、至福の漫画体験を約束します。
(以上Amazonの紹介文から)



ちょい大人向けの味わい深い漫画です
紹介文から連想されるようなミステリー、サスペンス漫画ではなく
夫が失踪した主人公の心情を丁寧に描いています

この作品の特徴として派手な効果音や効果線等は
全くといっていい程ありません
それ故に物語は淡々と進んでいくんですが
いつのまにか話しに引き込まれてしまいます

上の紹介文でも
「映画一本より~」とありますが
先の表現と相まって
映画をそのまま漫画にしたみたいだな、という印象を持ちました
ラストのバス停のシーンなんか
映画なんかでこういう演出ホントにありそうだなと思いました

読み終わったあと感傷に浸ることの出来る漫画です

[ 2011/01/13 ] 『あ』行の漫画 | TB(0) | CM(0)
[作者] 豊田徹也



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
作者名一覧
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30