どうでもいいマンガ紹介所

今まで読んだ漫画を一言感想付きで紹介していきます


漫画紹介其の六十四 『竜の学校は山の上 九井諒子作品集』 九井諒子

竜の学校は山の上 九井諒子作品集竜の学校は山の上 九井諒子作品集
九井 諒子

イースト・プレス

Amazonで詳しく見る


ウェブや同人誌即売会で作品を発表し、
広い世代から注目を集める新星、初の作品集!

勇者は孤独な里帰り、
女子中学生の天使は進学に悩み、
ケンタウロスは馬車馬のように働く、
今日も大学の上空には竜が飛ぶ―…
あたりまえのように、そこにある非日常。
現実(リアル)と幻想(ファンタジー)が
入り混じる「九井ワールド」へご案内!

~あなたの心に届く物語が、きっとあります。~

ウェブや同人誌即売会で発表された7編に
加筆修正を加え、描き下ろし2編もあわせて収録。

【収録作品】
『帰郷』/『魔王』/『魔王城問題』/『支配』/『代紺山の嫁探し』/『現代神話』/『進学天使』/『竜の学校は山の上』/『くず』
 (以上Amazonの紹介文から)




なんの予備知識もなく
ジャケ買いしてしまったんですが
とても面白かったです

9つの短編からなりたっていて
どの短編もSFファンタジーなだけど
どこか現実的な一面があり
そこら辺が面白いです

例えば『帰郷』や『魔王城問題』は
普通は詳しく語られる事のない
魔王亡き後の世界が
皮肉交じりで描かれています

他に印象に残ったのは『代紺山の嫁探し』です
一見ハッピーエンドに見えなくも無いが
最後の村長の言葉が
なんともいえない余韻に浸らせてくれます

最後にこの短編集で私が一番面白かったのは
『現代神話』という
猿人(人間)と馬人(ケンタウロス)の話です
2つの種族が同じ社会で生きるうえでの労働問題を扱った漫画と
1組の人間と馬人の夫婦生活の4コマ漫画という対比が良かったです

実を言えば最近『セントールの悩み』が面白いと感じてたので
ケンタウロス繋がりで強く印象に残ってたり・・・

一般的な漫画と比べると1000円という値段は
ちょい高めですが個人的には満足しています

[ 2011/07/09 ] 『ら』行の漫画 | TB(0) | CM(1)
[作者] 九井諒子



管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/07/13 00:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
作者名一覧
カレンダー
10 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -